生きた英語を聞き取れるようになろう

海外就職に憧れる人は年々増えており、様々なジャンルで就職を勝ち取っています。しかし日本での就職とは違い、かなりハードルの高い就職活動だとも言えます。

海外就職はハードルが高い

まず始めに海外就職をするためには必ず乗り越えなければいけない事があり、その壁を乗り越えた人だけが海外就職活動のスタートラインに立つ事が出来ます。その最初の壁とは言葉の壁をどのように乗り越え、世界共通語の英語をマスターするかという事です。
英語をマスターするために提供されている方法は多岐に渡り、少しでも自分に合っていないとすぐに挫折してしまいます。しかし少し見方を変えるだけで、英語をマスターする方法は無限大に広がっているとも言えます。
海外就職のときに一番大切なのは、生きた英語を確実に聞き取れる耳を持っているかという一点につきます。海外の人が片言の日本語でも日本人に伝わるように、片言の英語でも相手にはちゃんと伝わります。
しかしこれは相手の話している内容を確実に聞き取り、理解している事が前提になります。生きた英語を確実に聞き取れる耳を持っていれば、外国人が集まる社交の場で様々な考え方や発想を目の当たりにしながら英語をマスターしていく事が出来ます。
この経験は確実に海外就職活動のときに大きな自信と武器になると、断言しても良いぐらいの経験だと言えます。日本に滞在している外国人は、様々な事情で日本に滞在しています。
特に仕事関係で日本に滞在している人が多いので、日本に居ながら海外の流行りの仕事を知る事が出来ます。外国人との何気ない会話を重ねていく事が、必ず海外就職をするときの大きな糧になると言っても良いほどの経験だと言えます。
海外就職を考えている人は、生きた英語を聞き取れる耳を育てる事に専念する事をお勧めします。生きた英語を聞き取れる耳が育てば、自然と英語で会話をする事が出来るようになるからです。

関連する記事